独特な体臭は専用の石鹸を使用することで抑えることが出来ます

加齢のイメージ

加齢臭という言葉はもう随分浸透していますが、男性のみならず女性も発生する事や、臭いの元は耳の後ろではなく背中など、実状はまだ余り浸透していないようです。今後はそういった事が周知され、石鹸などの男女共又はそれぞれの商品化が期待されます。

Read More

中年中心

中年の男性には加齢臭が出てしまうが、彼らは努力をして出さないようにしている。そういう時に役立つ物が加齢臭対策の石鹸であり、インターネットのサイトでしか買う事が出来ないが値段はかなり安くなっているので買いやすいのだ。

Read More

特徴を踏まえて選ぶ

加齢臭対策の石鹸は多くの種類があります。なお、人によって専用石鹸との相性が異なります。このような点を踏まえて自分に合う石鹸は何なのかについて考えて絞り込みを進めていくようにすると良いでしょう。

Read More

加齢による悩み

中高年に発生する独特の匂い

加齢臭とは、呼んで字のごとく加齢に伴って発生する中高年特有の体臭のことをいいます。古本のような匂いだとか、ロウソクのロウのような匂いだとか、饐えたチーズのような匂いだとか、人によっていろいろな形容で表現がされています。 昔から中年男性の身体から発する匂いを「おじさん臭い」などということはありましたが、あれはタバコや整髪料などの匂いが多分に入り混じったもので、必ずしも体臭そのものというわけではありませんでした。しかし2001年になってノネナールという中高年特有の体臭成分が発見されたことから、加齢臭の実在が確証されるようになったのです。その後、清潔という概念に関する日本人の意識が向上するにつれ、知名度も高まってきました。ちなみにこのノネナールは「おじさん」だけでなく女性の身体にも発生します。

加齢臭用石鹸でしっかり対策

加齢臭は年齢が進行するにつれて皮脂の中に不飽和脂肪酸という物質が増加することで発生すると言われています。この不飽和脂肪酸が分解されるときに発生するのがノネナールなのです。 したがって加齢臭を抑えるには不飽和脂肪酸を取り除くことが重要になります。毎日の入浴の際、石鹸で身体をきれいに洗うことは最も基本的な加齢臭対策となります。 最近では加齢臭を防ぐことを目的として開発された石鹸も市販されています。こうした石鹸は、皮脂をしっかり洗い流すこと、不飽和脂肪酸を分解する細菌の繁殖を抑えること、消臭効果をもたらすことなどに主眼を置いて開発されています。両脇、耳の後ろ、首筋など加齢臭が発生しやすいと言われる場所をこの石鹸で入念に洗うことで、匂いを抑える効果が期待できます。 また、最近は加齢臭対策用のシャンプーも見かけるようになってきています。今後は石鹸と同様に需要が伸びるものと予測されます。